【栃木県 中倉山登山】#020

 

 

2020年12月15日 年内最後の遠出登山。

 

今回は栃木県にある中倉山へ行ってきました。

 

「しんどいけどまた行きたい。」と思える素敵な山!

足尾銅山の公害の影響で木々が少なく、最高の稜線を眺める事のできる山。

 

良いのか悪いのか、登山をしながら感慨深い山だなと・・・

 

 

 

 

銅親水公園駐車場を10:10頃出発。

駐車場をでるとすぐに工事車両専用道が続きます。

 

 

 

 

ゲートをくぐったら、道路を45分程歩き登山口に到着。

 

 

 

 

このピンクのリボンが目印です。

YouTubeを観たり調べたり、覚悟はしていましたが

しょっぱなからかなりの急登が続く・・・(泣)

 

 

 

 

しかもひたすら木に覆われた風景。これが1時間以上続きます。

心折れそうになる。

画像じゃ全く伝わらないのが悔しい。

 

 

 

 

この時期は植物が見られないので寂しい気もするけど、

キノコ?を見つけてちょっとだけテンションが上がる。

 

帰ってきて調べたら「ムラサキホコリ」っていう変形菌類。

獣の毛みたいな見た目。

 

今後は登山をしながら植物にも目を向けていきたいな~と思っています!

 

 

 

 

この日はスタートからずっと雪が舞っていたような・・・降っていたような・・・

ナイトハイクで寒さには慣れていたと思っていたけど、寒かったわ。

 

 

 

 

やっとこ12時を過ぎたところで、景色を眺められるポイントに到着。

 

 

 

 

楽しそうにしてみたけどメチャクチャ怖かった。

 

 

 

 

どうやら山頂まではもう少しらしい。

晴れているように見えるけど気のせい。雪舞ってるからね。

 

 

 

 

12時20分に中倉山山頂に到着!

 

 

 

 

丁度良いタイミングで晴れたので、絶景を拝めました・・・!

この為にあの急登を頑張って良かったよ~!

360°どこを見てもキレイな景色でした。

 

 

 

 

この日登山をした我々は「アルトラ」を履いていましたが、

スタイリッシュで色のコントラストが最高なオリンパス4はカッコ良かった。

 

 

 

 

中倉山山頂を超えると「孤高のブナの木」が現れます。

この木にたどり着くまでが大変でした。

 

暴風と有名な中倉山。

かなりの暴風に煽られ立ち止まっったものの、体はグラつくし雪や砂で顔面は痛いし・・・

やっとの思いで撮ったオーナー市村とのツーショットだったのよ。

 

 

 

 

帰りにはこんな風景も。

どんより暗くなり、雪もたくさん降ってきた。

完全に体が冷えないように急いで下山。

 

 

 

 

この寒さの中、私の手を温めてくれたのはこの人。

「テムレスウィンターグローブ」はやっぱりすごい・・・

 

キンキンに冷えた手を一瞬でぽかぽかにしてくれました。

雪山はこの子無しで生きていけませんね。

 

 

 

 

そして「ミルトンステンレスボトル」も最強でした。

登山の最中はもちろん、帰宅後も中の白湯はアツアツだったとのこと。

 

正直こんなに凄いと思ってなかったよ、ミルトン。

私も2本買おう。

 

 

 

 

と言うわけで、無事14時に下山。

休憩しながらサクッと4時間で登れちゃう山、中倉山。

今度は暖かくなってきたらまた登りたいです!

 

 

 

 

そして、私からオススメしたいキャップがございます。

新しく取り扱うことになった「MOUNTDOOR(マウントドア)」の山町キャップ

 

しっかりとしたホールド感、カラーも最高なキャップです。

山の他にラン、自転車、フィッシング、キャンプなど様々なシーンで使えます!

 

 

 

 

そして私の大好きなブランド「NERDY MOUNTAIN WORKS」のキャップも入荷!

こちらは撥水に優れた凄いキャップ。

 

横のメッシュ部分もアクセントになっています。

通気性もあってアクティブシーンには持ってこいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

Categorys