RIDGE MOUNTAIN GEARというブランド

 

RIDGE MOUNTAIN GEARというブランド


 

 

こんにちは市村です。

さて、今日は今年から取り扱いをスタートしましたRIDGE MOUNTAIN GEARを紹介したいなと思います。

まだまだどんなブランドなのか、ご存じない方も多いと思います。

 

 

 

僕がRIDGE MOUNTAIN GEARを知ったのは、誰かのSNSだったりブログだったりで紹介されてるのをみた数年前。

その時はあまり気にとめてはいなかったと思います。

で、ウチのお店を移転オープンしようと決断してから新規の取り扱いブランドを探していました。

広くなったら趣味であるアウトドアをコンセプトにしたものを取り扱いたい!とずっと思っていたのです。

今までのアメリカンカジュアルをしっかりと展開しながら、アウトドアアパレルやギアを取り扱いたい。

だけどせっかく僕がやるんだから、大手アウトドアショップで展開してる人気ブランドを揃えても仕方がない。

もともと人と同じものはあまり好きじゃないし、趣味である登山、釣り、自転車、スキーなどもやっぱりカッコ良いのが好き。

一般的なブランドも悪くは無いんだけど、どうしても山!って感じやスポーツ!って感じが強すぎるものが苦手なんです。

好きなのはやっぱりクラシックでいて、シンプルで洗練されたウェアやギア。

そこで目に留まったのがRIDGE MOUNTAIN GEARというブランド。

しっかりと商品を見てみると、僕のイメージにぴったり。

洗練されていて、使う人の事を考え抜いた機能からくるデザイン、落ち着いた色合いもとても好みでした。

 

 

 

そんな訳で、RIDGE MOUNTAIN GEARの事を調べてみると山と道で働いてる「黒澤さん」て方がやってるブランドだと知りました。

元々、山と道のシンプルで都会的な空気感、過度なデザインをしない姿勢も良いなーと思っていたのでより興味が沸きました。

あと、山と道のホームページ内で紹介されていた黒澤さんの海外ハイキングの記事も興味深かったです。

カリフォルニア州シェラネヴァダ山脈に340kmに渡って伸びるジョン・ミューア・トレイル、通称JMTを2週間ちょっとかけて歩いた記事。

2週間という長期間を歩くという過酷な挑戦、その時の素晴らしい景色やトラブルなどを淡々と紹介してくれています。

やっぱりモノづくりをする人間や、僕のようにモノを売る人間はしっかりとした経験は必要です。

こういった活動をしっかりとされている黒澤さんに益々興味が沸いて、RIDGE MOUNTAIN GEARの事も好きになりました。

その時の記事はこちらのリンクから行けますので、興味ある方は是非読んでみてください。全3部構成となっています。

 

 

はじめての海外ハイキング in JMT

 

 

そんな訳で、ウチの店が移転をしたらまず先に取り扱いたいアウトドアのブランドが決まったのです。

コロナのお陰で、ちょっと取り扱いが遅れてしまいましたがこれからしっかりと皆さんにご紹介出来ればと思っています。

 

 

 

さて、ここからはRIDGE MOUNTAIN GEARの商品について簡単に紹介したいと思います。

その前に、ブランドのコンセプトを。

 

「RIDGE MOUNTAIN GEARは山で過ごす時間や、それにいたる迄の日々の生活を、シンプルに過ごすための道具を作るメーカーです」

 

このコンセプトからも分かるように、山だけでは無いんです。

実際に黒澤さんにお会いした時にもおっしゃっていましたが、山でも街でも使えるアイテムが作りたいと。

やっぱり山に振り過ぎると街では浮いてしまいます、もちろん街に振り過ぎたら山で浮いてしまうんです。

山でも使える街着、もしくは街でも使える山着。

そんなイメージでしょうか?

僕が好きなのもまさにそういうウェア。

アメリカンカジュアルにもすんなりとハマって、シンプルでクラシック、そして街でも山でも使える日常着。

バイクとかでも良く思うんですが、バイク乗ってる時だけカッコ良いんじゃ嫌なんですよね。

降りた後も、乗らない日もカッコ良く、気持ちよくいたいんです。

 

 

そんな訳で僕に、Mr.OLDMANにぴったりなRIDGE MOUNTAIN GEARのアイテムを是非ご覧になってみてください。

洗練されていて、無駄の無いアイテムは本当にカッコ良いんです。

そして後から知ったのですが、なんと代表の黒澤さんは前橋出身!!!

これはかなりビックリでした(笑)

みんなで応援していきましょう!!!!

それではどうぞー。

 

 

まずはここ最近の入荷で言うと、本気でオススメなのはやっぱりメリノウールのロンT。

アウトドアとか始めて、まず最初はポリエステル100%のドライ素材に目が向くと思うんです。

コットンは汗かいたら乾かないし冷えるし、問題外なのでやっぱり運動時にもアウトドア時にもポリエステル。

だけどそこから突き詰めていくと、だいたいメリノウールってどうなの?ってなりますよね。

 

 

 

メリノウールの特性は「高い保温性」「通気性の良さ」「調湿性」「高い防臭力」とかですかね。

ポリエステルにも近いものがあるんですが、やっぱり保温性と防臭力はメリノウールにはかないません。

あとは優しい着心地もメリノウールならでは、着ているのを忘れるかのような最高に気持ち良い着心地なんです。

そして防臭力という点では、例えばキャンプなどで同じものを着続けるシーンだったり、

泊りがけでの登山などの際にもとても便利なんです。

どうしても汗をかいてしまうと臭いが気になります、だけどメリノウールは臭いが極端に発生しづらいのです。

汗をかくシーンでも爽快に気持ちよく着られて、暖かい、と良い点だらけのメリノウール。

だけど難点は価格が高い所(笑)

これはもうどうしようも無いのですが、とにかくとても良いので是非体験して頂ければと思います。

 

 

 

 

 

 

RIDGE MOUNTAIN GEARのメリノウール製品はもちろんニュージーランド産のウールを使用。

高い品質でメリノウールの中でもトップクラスのクオリティを誇ります。

 

 

メリノウールと言えば、ウチも昔はibexを扱っていたのですが惜しまれながらブランドが消失……

だけど最近復活したらしいので気になってます。

ibexは肌着っぽいややピッタリ目なロンTでしたね。

それに比べるとRIDGEのメリノウールロンTは少しざっくりとしていて、一枚で着ていられるサイズ感です。

個人的にはピッタリよりはこちらの方が好み。

身体のラインが出なくて良いですしね(笑)

 

 

 

 

 

シンプルでとても高級感があります。

やり過ぎないデザインもRIDGEらしいです。

 

 

 

そして取り扱いについての注意書き。

こういうのをしっかりと準備してくれるブランドの姿勢にも安心感があります。

まだメリノウールをお持ちでない方は是非手に入れてみてください。

あまりの気持ちよさに驚くと思います。

 

 

RIDGEのホームページ内でもJMTを14日間340km歩いた際にもメリノウールが良かった事が紹介されていました。

2着をローテーションで着まわしながら、時には川で洗濯をしつつ着用し、終始快適に過ごせたとの事です。

これはやっぱりポリエステルなどの化学繊維では無理なんでしょうね。

 

まだメリノウールをお持ちでない方、既にハマっていて買い足したい方、是非こちらも検討してみてください。

素晴らしいメリノウールロンTですよ。

 

 

RIDGE MOUNTAIN GEAR メリノウールロングスリーブTシャツ 12300yen

 

 

 

 

 

続いては先日入荷したベーシックキャップ。

あっという間に残りが僅かとなってしまいました…

コットンの様なナチュラルな質感ながらも、撥水性、防風性に優れたナイロン100%の高機能素材を使用。

ベーシックな6枚剥ぎで、しっかりと丸みがあって深さのあるシルエットは男女問わずに好評。

落ち着いていて高級感の漂う雰囲気もこのブランドらしいです。

とてもバランスの良いキャップですので是非ご検討ください。

 

RIDGE MOUNTAIN GEAR ベーシックキャップ 7000yen

 

 

 

 

 

そして先ほどのキャップと同素材のイナフハット。

ハットでありながら、横に広がらない独自のシルエットでキャップ的に被れるハット。

風の影響も極力受けない様にしてありますので、登山などにもオススメ。

ツバを前だけ上げたり、後ろだけ上げたりと色々な被り方が楽しめます。

 

RIDGE MOUNTAIN GEAR イナフハット 9000yen

 

 

 

 

そして僕もかなり気に入ってるサコッシュ。

素材は最近ではお馴染み、セイルクロスで使われるX-pacを使用した耐久性の高いモデル。

想像以上に沢山の荷物が入る設計で、小ぶりに見えて広めのマチをとり横向きに500mlのペットボトルも収納可能です。

外側にメッシュポケット付きでデザインを兼ねて。

 

 

こんな風に自立しちゃうのもとても良いんですよね。

そしてRIDGEらしいのがこの色合い、ブラック、グレー、ホワイトはこのブランドの基本カラー。

そこにコヨーテとかの落ち着いたアースカラーですので、洗練された雰囲気があるんですよね。

赤とか後とか黄色とか一般的なアウトドアブランドがやりそうな雰囲気と全然違います。

 

RIDGE MOUNTAIN GEAR ショルダーバッグ 8000yen

 

 

 

 

最後は小ぶりなポーチ。

これもこの色使い、カッコ良いですよねー。

使い方は自由、様々なギアや小物を小分けして持ち運ぶためのポーチ。

ファスナースライダー部分にはシリコン製の引き手付き。

ダイニーマと呼ばれる和紙の様な質感のナイロン素材は、使っていくうちに皺がつきしなやかになる不思議な素材。

耐久性の高い素材となりますので、長年安心してお使い頂けます。

 

RIDGE MOUNTAIN GEAR トラベルポーチ 3600yen

 

 

あまり多くはありませんが、今ウチで取り扱っているRIDGE MOUNTAIN GEARの商品です。

何となく、このブランドの雰囲気が伝わりましたでしょうか?

山でも街でも、どこで使っていても良いと思えるアイテム達なんです。

落ち着いていて、シンプル、だけど考え抜かれた素晴らしいアイテムですよね。

まだまだ小さくて小規模、だけどしっかりとしたモノづくり。

これからに期待大です。

是非皆さんも、RIDGE MOUNTAIN GEARを応援してください。

それではどうぞ宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Categorys