手に入れるべきブーツ【BLUNDSTONE】のご紹介。

 

こんばんは、今日は久々に再入荷となりましたBLUNDSTONEをご紹介です。

僕はBLUNDSTONEのブーツ大好きでかなり履いております。

履きすぎてそろそろ色違いを狙っております(笑)

マジで良いので、皆さんも是非ゲットしてください!!

 

 

創業から150年を超える歴史を持つ、タスマニア島の元祖サイドゴアブーツブランド


 

よく遊びに来てくれる顧客様はかなりの確率で履いてくれていて、とにかく評価の高いBLUNDSTONEのブーツ。

何がそんなに良いの?って、とにかくこの履き心地の良さでしょう。

ふかふかでストレス全く無し、重さもあんま無いし、試着するとたいてい驚くんですよね。

そしてサイドゴアなんで脱ぎ履きが本当にラク、これはマジでスニーカーよりもラクです、間違いなく。

 

 

 

そして驚くべきはその歴史。

1870年にタスマニア島の最大の都市であるホバートで靴の輸入を手掛ける会社としてBLUNDSTONEが設立。

やがて地元産のレザーを使ったオリジナルブーツの生産に取り組むようになり、現在に繋がっています。

今から150年前にスタートしていたと聞くと本当に驚きですね。

 

そして現在と同じサイドゴアブーツを発表したのは1960年代のこと。

サイドにゴムを備え、履き口にプルストラップをあしらったブーツは、頑丈で履き心地に優れ、

ワーカーからアウトドアマン、都市生活者まで幅広く受け入れられました。

そして現在、BLUNDSTONEのブーツは世界50か国以上の国で多くの人に愛用されています。

150年の時を経て、タスマニアの小さなメーカーから、世界的なブランドへと成長しました。

 

 

実際僕も履きすぎなんじゃないかと思うくらい履いてます(笑)

靴に悩むとついつい手に取ってしまうんですよね。

そんな訳で僕にとっては無くてはならない靴、そしてMr.OLDMANにも欠かせない靴なんです。

それではメーカー様のホームページから拝借した写真をご覧下さい。

世界各国、男女問わずに愛用されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしょうか?

ほんとカッコ良いですよね。

 

 

 

 

 

こうみると僕も週に何度かはBLUNDSTONE履いてますね(笑)

今履いてるのは前にリリースされたローカットなんで、今は定番のスタイルが欲しいですね。

 

 

 

何も考えずにガンガン履いてたら今はこんな感じになってます。

味と言えるのかただの汚れなのか…

まあでも、本当に良い靴なのは間違いありませんよ。

持ってなきゃ損!って言えてしまうくらいの素晴らしいブーツです。

詳細は是非オンラインショップよりご確認ください。、

それでは宜しくお願い致します。

 

BLUNDSTONE ORIGINALブーツ 23000yen+tax

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Categorys